ホーム ブログ

blogブログ

山形あ〜と支部 DANCE SESSION 5th

  • 更新日:2022.03.29
  • カテゴリー:ブログ

3月27日㊐ 山形あ~と支部 第5回 DANCE SESSIONを開催しました。

今回は宣伝する機会が少なかったので参加人数は前回より少なかった(47名)のですが、
ホームページを見て初めて参加してくれた方も数名いて、何より多くの参加者から帰り際に「楽しかった」とか「踊る機会が少なかったので、このような企画をしてくれてありがとう、また参加します」とか言っていただいたことが何より嬉しかったです。

  

毎回、他の人の写真を撮るのに精一杯で、自分のを撮るのを忘れており
そのことをスタッフに話したら、優しいスタッフが撮影してくれたのはいいのですが
肝心の全体の写真、参加いただいた方の写真が、今回はジルバの時のしか撮っておらず、「ヴェニーズワルツ講習会」の写真を撮ってもらうのも忘れました。証拠は残っておりませんが大好評でした(笑)

 

受付の美人三姉妹と若手のイケメン

スタッフも前回同様、何も言わなくても動いてくれるので、ほんとうにありがたかったです。

皆様、ほんとうにありがとうございました。(クロ)

 

次回は7月16日に村山市民体育館で行なう予定です。
6月5日に行われる競技会(ホームの競技会情報をご覧ください)会場と同じ会場です。

現時点での情報をとりあえずホームにも掲載いたしましたが、フライヤー(チラシ)が完成いたしましたら、デジタルのみでなくアナログでもお知らせします(笑)ので、次回も多くの皆様の参加をお待ちいたしております。もちろん、感染対策も忘れずにね!常識だよ~

ダジャレではありますが、前回はVIPのみ
Vaccine Inculated Person(ワクチン接種者)
今回は、さらに進んでMVPのみでしたが
Multiple Vaccinated Person(複数回ワクチン接種者)

次回はどうしようか頭を悩ませています(笑)

 

DSC主催 新春レクチャー

  • 更新日:2022.01.13
  • カテゴリー:ブログ

1/9(日)山形県DSC主催・県連盟共催で新年初イベントのレクチャーが開催されました。講師は昨年山形中央支部の10周年記念フェスティバルでデモをご披露くださった小嶋みなと、盛田めぐみ組のお二人。山形県に二度目のご来県となりました。

 

午後1時から4時まで前半は組み方、組んだときのポジションを丁寧に一つずつ解説。後半は動きをつけて、音楽表現についてなど、ずっと聞いていたいお話が満載でした。

コロナ禍が収まらず、恒例のダンパラは2年連続開催できなかったのは残念でしたが、レクチャー受講のために山形県内のダンス愛好者は50名の参加をいただき、感染対策をしっかり行いながら貴重な時間の共有ができました。

雪多めの山形へお越しいただいた小嶋・盛田組のお二人には心より御礼申し上げます。来年はぜひダンパラの参加もお願いしたいとお伝えして、山形駅でお別れとなりました。(夏)

新年のごあいさつ

  • 更新日:2022.01.01
  • カテゴリー:ブログ

新年あけましておめでとうございます。会長の平井夏です。
本年も変わらずご指導、ご鞭撻をよろしくお願い申し上げます。
さて昨年もコロナ・コロナで大変な1年でしたが
11月以降下火傾向となり、県連としての2年ぶりのイベント、県交流会を
感染対策をしながら開催できました。

会員の皆様には昨年も不満足な1年だったかと思います。オミクロンの状況が
気になりますが来年度は例年の活動ができるのではと思っています。

東京オリンピックが終わったばかりですが、次回パリ五輪ではブレイクダンスが
正式種目となっております。ブレイクダンスは我々JDSFの組織の一員であり、
喜ばしい限りです。山形県連の大会ではブレイクダンスを演技披露という形で
皆様にお披露目していく予定です。

さて私事で恐縮ですが昨年9月、夫の転勤があり富山県に引っ越しました。
地理的には離れていますが、各種会議はリモートで開催、大会などは
長距離ですが参加し、引き続き会長を担っていきますのでよろしくお願いします。

毎年多数参加していただいているDSC主催のダンパラが開催できないなど
まだまだコロナ禍の影響がありますが、明けない夜はないので
今年は明るい年になることを期待したいと思います。
皆様のご健康とご健勝をお祈りいたします。

山形あ〜と支部 DANCE SESSION 4th

  • 更新日:2021.12.16
  • カテゴリー:ブログ

1212山形あ~と支部の第4回目のDANCE SESSIONを行ないました。
天気が心配でしたが、幸いなことに当日は雪にはならずホッとしました。

「ひたすら踊るだけ」のイベントにどれだけの人が集まるのかという不安もありましたが
杞憂だったようで、こちらが想定していた以上に多くの「躍りマニア」の方にお越しいただき
途中でイスを一列追加しなければならないという嬉しい悲鳴をあげる結果となりました。

今回のイベントのために、いつも通りきちんとフライヤーも作成し
JDSF山形の山形中央支部さんや、JDSF山形県連での会員交流会、
他団体であるJBDFのドリームダンスフェスティバル、
YAAD(山形県アマチュアダンス協会)のパーティ&講習会、
上記団体に属さない人気のサークル等にも顔を出し、
Facebook等でも案内した甲斐がありました。

あ〜とbr_DS_4th_Flyer_のサムネイル

おかげ様で久しぶりにお会いしたダンサーも数多く、
帰り際には「ほんとうに楽しかった」と、多くの方に言ってもらえたのがなによりの宝です。
参加していただいた方にはほんとうに感謝しております。
ありがとうございました。

次回は3月末か4月上旬を予定してますが
今回のように想定以上の人数になった時のために別会場も検討しなければならないことも考えられますが、
現在会場確保が非常に難しい状況で、現時点できちんと予定をお伝えすることができません。
決まりましたら、このHPのトピックスにてもご案内いたします。
いずれにせよここはエアコンがないので夏期(6月or7月)は別会場を想定しています。
ご期待ください。(クロ)

理事運営委員会&忘年会

  • 更新日:2021.12.15
  • カテゴリー:ブログ

12月4日㊏ 午後2時30~530分 七日町ワシントンホテル2階の三十三間堂にて
オンラインではなくリアルでの会議が昨年の2月以来、約1年10ケ月ぶりに行なわれました。

昨年、本年と残念ながらイベント等がほとんどなかったため
報告は主に第5回会員交流会について行なわれました。
(実際のイベントの様子は12/5のブログをご覧ください)

ブレイキンの発表会が、参加者に大変好評だったこと、
そして実際に演技をしている選手はもちろんのこと
応援・見学に来ていた父母の方々すら、社交ダンス関係者より若かったので(苦笑)
将来的にJDSF山形への入会基準を見直し、相乗効果を測るべき等の意見もあり
今後の検討材料となりました。

検討項目としては、主に次年度の競技会についてと交流会について行なわれました。
(他、指導員研修会・競技資格講習会・総会日程&方法・都道府県対抗戦等)

競技会については年3回行うこと(HPトップのホームで予定をご覧ください)
66回大会のシラバス検討等が行なわれ、特に次年度よりジェンダーフリーの観点から
男女の出場資格が大きく変わったことが報告され、それに伴いシラバスの内容も変更することとなりました。
(近々その件についてHPにアップしようと思います)

他、様々な報告・検討がなされましたが、
今後の理事運営委員会は基本的にリモートで開催することとなりました。

 

5時半からは同じ三十三間堂内の別部屋にて2年ぶりの忘年会が行なわれました。
(6時からの予定を30分早めていただきました)

理事運営委員会もそうですが、ほんとうに久しぶりに「実際に会うことができた」ことが
非常に嬉しかったです。

  

宿泊者と黒田で「軽く」2次会を行ないました。

撮影のためにマスクを外しましたが、近くで大声で話したりしてませんよ 笑(クロ)

第5回 会員交流会

  • 更新日:2021.12.05
  • カテゴリー:ブログ

11月28日(日)
第5回会員交流会が行なわれました。

第5回交流会のサムネイル

昨日に引き続きまして、日曜日はJDSF山形県連盟主催のダンス交流会を、
2年ぶりに県運動公園で開催できました。
2年ぶりに再会の方も多数。元気にお会いできて嬉しかったです。

そして連盟の新メンバーとなった山形のブレイキンチームのメンバーとも初顔合わせ。
生のパフォーマンスを拝見しました。
今日は小学3年生から中、高、社会人まで幅のある年齢層で、
全国大会でも上位入賞をしている、腕に覚えのある選手が来てくれて、
ダンススポーツしか知らない、ブレイキンは初心者の私たちに色々レクチャーしてくださり、
素晴らしいパフォーマンスをご披露いただきました。
皆さん、とっても素直に、純粋に競技と向き合っており、俄然応援したいと感じました。
3年後のパリ、またその先のオリンピアを目指して、頑張ってもらいたいです。(夏)

   

 

庄内支部 秋のダンスフェスタ

  • 更新日:2021.12.05
  • カテゴリー:ブログ

11月27日(土)
庄内支部オータム「秋のダンスフェスタと講習会」を開催しました。

庄内フェスタのサムネイル

丸っと2年ぶりにダンス交流会を山形県庄内支部で行うことが出来ました。
「待ってました」って感じです。
久しぶりにお顔を合わせて踊って、嬉しさ楽しさ満開の会場です。(夏)

 

 

10周年記念ダンスフェスティバルのお礼

  • 更新日:2021.10.07
  • カテゴリー:ブログ

10月3日(日)、山形中央支部の10周年記念ダンスフェスティバルに多くの方々に参加をいただき、盛会のうちに終了できました事に心からお礼を申し上げます。

当日は、緊急事態宣言・まん延防止が解除され、台風一過のもと、素晴らしい晴天に恵まれ、参加者は、県内各地域の他に、宮城県、秋田県からの方があり、特に秋田県から参加して頂いた方は、遠いところから本当に良くおいで頂きました。改めてお礼を申し上げます。

また、検温、マスクの着用、手指の消毒、換気、参加者名簿作成等、新型コロナウイルスへの対策を万全に行いながら実施致しました。

今回は10周年を記念して、10年間のお礼を込めて、全日本スタンダードチャンピオンの「小嶋みなと・盛田めぐみ組」をゲストにお迎えして、5曲踊って頂きました。

 

20m×30mのフロアを全部使っての二人の踊りは、すごいの一言でした。

二人の高い身体能力とこれでもかという質の高い踊りを見て、参加者からは「素晴らしいものを見せて頂きました」「初めてこういう踊りを見ました」等、感動した言葉を頂きました。その言葉を聞いて、主催者側として嬉しく感じたところでした。

   

教訓事項としては、ドアオープンをして間もなく、一人の方が体調不良を起こし倒れてしまいました。直ぐに救急車を呼んで病院に搬送しましたが、ダンス愛好者の年齢は高いので、こういう事は今後も起こり得ることなので、対応策は事前に検討しておく必要があることを感じました。

なお、山形中央支部は今後11周年を目指し、一歩一歩着実に進んで行きたいと思いますので、今後ともご支援のほどよろしくお願いいたします。(元木)

山形県ダンス連盟総会

  • 更新日:2021.09.06
  • カテゴリー:ブログ
9/5に山形県ダンス連盟の総会が山形市で開催され、出席してきました。
山形県ダンス連盟は、全国的に珍しくプロアマで構成され県スポーツ体協に加盟している組織です。

総会は例年4月29日に開催しているのですが、
ご多分にもれずコロナ影響で延期になり出席者も新旧役員のみとなり、
今回は18名の出席者で開催となりました。

JDSF山形からは役員5名+新任役員1名の6名出席し
13:30から総会が始まりました・・・のはずだったのですが
新任役員予定の黒田さんが来ない。場所を間違えて”天童パルテ“に行ったとのこと。
(今回の会場は”山形テルサ“)
最初に案内した時、間違えて“場所は天童パルテ”と連絡したせいかと思います。
黒田さん、ごめんなさいでした。役員紹介には間に合ったのは何よりでした。総会は事業報告から始まり、といっても事業は全中止なので報告案件としてほとんどなく、
今年の事業計画も上期は全中止、下期は様子見という内容で進んでいきました。

なお今回はJDSFから提案した規約変更と、役員変更がありJDSF山形も平井剛秋が退任し
代わりに黒田敏雄さんが役員となり、最後に平井夏が閉会の挨拶をして総会終了となりました。

総会の後、会長・副会長プラスαで今後の収入増のために何かできるかの会議をし、
来年こそ活動が再開できることを一同期待して閉会となりました。(平井剛秋)

いえいえ、先日(8/22)のリモートによる理事運営委員会の際に
会場が違う旨の説明があり、議事録にもその旨が掲載されてたのにすっかり忘れてしまい、
会場を間違え&会議に遅れてこちらこそ申し訳ありませんでした。

まだわからないことだらけですが、今後ともよろしくお願いいたします(クロ)

A級技術認定員合格者

  • 更新日:2021.08.24
  • カテゴリー:ブログ
6月13日に山形県総合運動公園 総合体育館サブアリーナで、また7月18日に南陽市でA級技術認定員の試験が行なわれ9名が受験しました。
本部にビデオが送られ8月22日に合否の連絡がきました。
なんと全員合格です!
 
●合格者
菅野 忠司 ・ 安藤 登美子 ・ 池田 秀雄
冨樫 眞啓 ・ 黒田 敏雄 ・ 細谷 久美子
矢作 幸男 ・ 柴田 敦子 ・ 平井 剛秋

 

JDSFの技術認定会のハイグレードコースを県内で受験するためには、
審査を行なうためのA級技術認定員がいないと受けることができません。
県内会員にはすでにグレードコースの最上級のG1の合格者もおり(技術認定制度のページを参照)、さらに上級のハイグレードコースを受験するためには「その審査を行なうためのA級技術認定員」の資格取得者者が必要でした。しかも審査項目が4項目あるため、最低でも4名以上必要です。
そこで今回9名のB級技術認定員がA級に挑戦し、全員合格することができました。

関連団体

CONTACTお問い合わせ

PAGE TOP