ホーム 更新情報

topicsお知らせ

JSPOフラッシュ No.23-42_20240329号

JDSFは公益財団法人JSPO日本スポーツ協会(旧称:日本体育協会)の正加盟団体です。

JSPOが発行(随時発行)しているJSPOフラッシュの最新号です。

No.23-42_20240329【令和5年度第2回アンチ・ドーピング委員会】のサムネイル No.23-41_20240325【令和5年度第2回女性スポーツ委員会】のサムネイル

No.23-40_20240322

No.23-39_20240322

No.23-35_20240313

No.23-34_20240313

No.23-33_20240313

No.23-32_20240312

No.23-31_20240312

No.23-30_20240206

No.23-26_20231122号

No.23-25_20231113号

No.23-24_20231113号

ダンススポーツが国スポの公開競技に!

JSPO(日本スポーツ協会)では、国民スポーツ大会(現:国民体育大会
 82回大会(2028 )から第 85 回大会(2031 )の実施競技について、
各中央競技団体への調査( 4期実施競技選定)を実施しました。

その結果を踏まえ、正式競技計 41 競技、公開競技計 10 競技、特別競技 1 競技を決定しました。
公開競技10競技の中にダンススポーツが入りました。

ダンススポーツは2028年から4年間、国体の公開競技として実施されます。
2027年にはブレイキンも含めた代表選抜競技が開催されます(予定)。

JSPO プレスリリース

JSPO プレスリリース添付書類

今後の評価によっては正式種目に採択される可能性もあります。

※国スポ(国民スポーツ大会)という名称は、2024年から使用されます。
 本大会は佐賀県ですが、冬季大会(スキー以外の開催県は未定)山形県ですので
 「国民スポーツ大会」名称での最初の大会になります。

第43回三笠宮杯 YouTube配信

10/21㊏・22㊐に開催された第43回三笠宮杯全日本ダンススポーツ選手権の模様を
日本ダンススポーツ連盟の公式YouTubeチャンネル(DanceSport_JAPAN)で配信中です。

両日とも下記の三部構成で配信いたします。
第三部 三笠宮杯GD&PD決勝 編は特別編集版となっております。是非、お楽しみください。

https://www.jdsf.or.jp/news/2023/11/post_54606/
または、下記二次元コードから。

2023年 後期東北ブロック選手権

10月8日、後期ブロック選手権を天童市で開催、
当日は天候もよく、暑くもなく寒くもなく、いいダンス日和?のなかでの開催となりました。

9:00開会式。今回はブロック選手権なので、本来ブロック委員長が挨拶ですが、ジャッジだったこともあり
ブロック副委員長である自分が挨拶。そして9:30から競技開始となりました。

今回関東甲信越のブロック選手権と開催日が重なったこともあり、他ブロックの選手がほとんどいなく
表彰式で呼ばれる選手はほぼ東北選手で、まさに東北ブロック選手権といった感じ。

そしてコロナ渦で出来なかった声援もできるようになり、選手も日頃の成果を十分に発揮できた大会になったのではないでしょうか。

午後には山形大会では恒例となったブレイキンのデモを披露。
先日の東北・北海道選手権で優勝したダンスネーム“ミルク”さんの演技披露等の若いパフォーマンスで会場を魅了しました。

大会は多分リアル採点システム導入後初めてのノートラブルで終えることができ審判長よりお褒めの言葉をいただきました。
(前日と当日朝は通信関係のトラブルと原因不明のデータ消滅があり、どうなるかと思ったけど
皆様の協力で競技開始までには対応できました)

前日・そして当日協力していただいた実行委員に感謝です。
今後もタイムテーブルから遅れない大会運営をしていきますので
来年も皆様のエントリーお待ちしています。(平井剛秋)

 

東北地区競技会YouTube配信

東北ブロックでは6県全ての競技会の様子をYouTubeにアップすることを目指しています。

6/4に開催された山形大会がアップされました。

下記URLより【北の舞ちゃんねる】にアクセスするとご覧になれます!

https://bit.ly/3IrQrmT

 

山形大会を直接ご覧になりたい方は
スタンダードセクション
https://www.youtube.com/watch?v=vow8Pp4sbaA
ラテンセクション
https://www.youtube.com/watch?v=B4BgxNsfD5I

 

ネットティーチングが可能となりました!
1200円でPDから音声でのアドバイスが受けられます。

ネットティーチング利用ガイド
https://danceteam.jp/KKB/guide.pdf

① 参加競技会のYouTube配信を見る
② 背番号を確認する
③ ティーチングしてもらいたい時間を確認する

申込書
https://danceteam.jp/KKB/index.html

各種資格取得者名簿

諸般の事情により該当ページの更新が「現時点で」できないため
更新が可能になるまでこちらに暫定的に掲載いたします。
※遅くとも2024年7月中には本来の該当ページを更新予定です。

●チェアパーソン
平井 夏、平井 剛秋、池田 秀雄、樋口 一美、冨樫 眞啓、黒田 敏雄、佐藤 けい子
 ※スクルティニアは該当ページ記載通りです。

●JDSF公認指導員
 平井 夏、平井 剛秋、管野 忠司、安藤 登美子、池田 秀雄、後藤 宣子、髙橋 徹、樋口 一美、柴田 敦子、矢作 幸男、冨樫 尚子、冨樫 眞啓、大地 幹、管 容子、元木 運一郎、斎藤 啓一、斎藤 頼子、澁谷 勇、黒田 敏雄、清水 勝美、土屋 豊次郎、木下 恵子、酒井 美和子、佐藤 巌、末廣 かなえ、細谷 久美子、佐藤 けい子

●A級公認技術認定員
 平井 剛秋、管野 忠司、安藤 登美子、池田 秀雄、柴田 敦子、矢作 幸男、冨樫 眞啓、黒田 敏雄、細谷 久美子

※なお役員(理事運営委員)も一部変更・追加等がありますが、
 正式決定は総会(5/21)後ですので、決定後に
(該当ページの更新が可能になるまでは)資格者同様、
 暫定的にトピックス欄に掲載いたします。

※認定サークルページ、各種ダウンロード書類等はたいへん申し訳ありませんが、
 更新可能になった時点で修正等を行なう予定ですのでご容赦願います。

東北ブロックHPアドレス変更

JDSF東北ブロックのホームページアドレスが以下に変更になりました。

https://peraichi.com/landing_pages/view/6m81y/

※現山形HPのトップページフッター部分の関連団体「東北ブロック」リンク先から、
 更に上記の新しいサイトにリンクにより進むことも可能です。

JDSF通信 2023.2月号

JDSFでは毎月JDSF通信を発行しています。

原則として月1回、業務執行理事会等の決定事項等をお知らせしています。
その他、緊急・重要な情報がある場合には臨時号が発行されます。

2023年1月業務執行理事会内容反映 (2)のサムネイル

全日本ブレイキン選手権のオープン女子部門に山形県の尾形胡桃選手が出場!
 NHKでも生中継されますので、ぜひご覧ください!
 ※詳細はJDSF通信2023年2月号をご覧ください。

2022年JDSF通信12月号のサムネイル

2022年JDSF通信10月号

2022年JDSF通信9月号

2022年JDSF通信8月号

2022年JDSF通信7月号

JDSF通信2022.6月号

JDSF通信 2022.5月号

JDSF通信 2022.4月号

JDSF通信 2022.3月号

JDSF通信 2022.2月号

JDSF通信 2022.1月号

山形県連に対するお問い合せ先

申し訳ないですが、フッター(HP下部)記載のアドレス
kyougi@jdsf-yamagata.com
は現在使用できません

お問い合せは下記へ
take.32@outlook.jp 平井

フッター部分は2023年のできる限り早い時期に修正予定ですので
もう少々お待ち願います。

ブレイキン ダンスビュウ掲載 & NHK放映

■ダンスビュウ10月号に山形県のブレイキンの活動が掲載されました。

記事は本県理事の沖田が執筆しています。

山形県では競技会開催時にブレイキンのSHOWCASE(デモンストレーション)も行なっていますので
ぜひ会場に足を運んでみてください。競技会見学のための入場料は無料です。

※ブログページの6/6投稿「第67回 山形県ダンススポーツ競技会開催!」
 4/3投稿「第66回 山形県ダンススポーツ競技会開催!」をご覧ください。

上記記事の写真、モノクロで見づらいと思いますので、カラー写真もアップします。

66回大会の参加メンバー

67回大会の参加メンバー

 

■「ブレイキン 北海道・東北ブロック選手権2022」が

10月16日㊐ 13:05pm〜13:50 NHKで放送されました

山形の尾形胡桃(miru-k)選手がBgirl部門で準優勝!

また、放映はされませんでしたがJr.Bboy部門で高木湊選手がベスト8に進出しました。

JDSF会員証 完全デジタル化のお知らせ

JDSF会員証は、2023年登録年度 (2023/4~)からデジタル会員証へ完全移行します。

次年度よりJDSF本部では紙の会員証の発行は行いません。
残念ながら2022年度の山形県のオンライン登録率は、会員全体の5.0%です。
(全国平均18.9%、1位の大阪府は36.1%、東北でも秋田は27.4%)
デジタル会員証はパソコンもしくはスマホから確認できます。

条件は以下
①生年月日を必ず登録すること。
②電子メールアドレスをシステムに登録

デジタル会員証案内

JDSF山形では、デジタル登録が不得意な県内会員へは
「紙で発行」することを検討中です。
ただし、競技選手はデジタル登録必須です。

関連団体

CONTACTお問い合わせ

PAGE TOP